Spiderman Katana

Katana

ルックデベロップメントおよびライティング作業をきわめて効率的に、そしてコラボレーションワークをスムースに行えるKatana®は、ユーザーのクリエイティブな可能性を広げ、今日の最も要求の厳しいCGレンダリング プロジェクトに必要とされるスケーラビリティを提供します。

Katanaの特長

スタジオ

パイプラインの強化

KatanaはUSD最適化テクノロジー、複数APIの併用、5つの商用レンダラーのサポート、オープンソースのShotgun TKの統合などにより、既存のパイプラインに合わせた統合、自動化、カスタマイズが行えます。

詳細を見る
最先端のレンダリング

複数のイメージを同時にレンダリングできるMultiple Simultaneous Rendersとネットワーク上のマシンを利用できるNetworked Interactive Renderingの2つの新機能から成る先見的なレンダリングワークフローを搭載し、高速でスケーラブルなフィードバックを実現します。

詳細を見る

アーティスト

アーティストに特化したライティング

インタラクティブにライトを作成、配置、編集することができる最新ライティングツールを搭載し、業界最先端のマルチショットワークフローにより、複数ショットのライティング作業を効率的に行えます。

詳細を見る
コラボレーティブなルックデベロップメント

Katanaはショット制作作業との効率的な連携を図りながら、ヒーローアセットや大容量アセットのルックデブ作業をスムーズに進めることができます。

詳細を見る

Katanaの優位性

スタジオ

ROIの改善
  • • 複数工程での並列作業
  • • プロダクションプロセスの加速化
  • • 作業の効率化
  • • リソースの最大活用
世界クラスのテクノロジー
  • • Nuke、Mariとの併用により卓越したパフォーマンスを実現
  • • 先進的なプロダクションレンダリングワークフロー
  • • 多数のレンダラーやAPI、USDとシームレスに統合

アーティスト

クリエイティビティの解放
  • • 正確なアートディレクション
  • • イテレーションの高速化
  • • アーティストの技術的負荷を軽減
  • • 課題解決の迅速化、効率化
コラボレーションワークに最適
  • • シームレスな作業共有
  • • 円滑なチーム間連携
  • • 下流工程での変更・修正をスムーズに反映
  • • チームの課題に合わせた共有ツールの開発

シームレスなパイプライン統合

Katanaは付属のUSDプラグインと緊密に連携し、USDへの移行をスムーズに実現します。

Katana Shotgun TKオープンソースプラグインやDeadlineやQubeといったレンダーファームプラグインに加え、主要なアセット管理ソフトウェアとのインテグレーション/コラボレーションにより、既存パイプラインとの連携もシームレス。

Foundryは、お客様のKatanaへのスムーズな移行、既存パイプラインとのシームレスな統合をサポートいたします。詳細についてはKatana Deployment Essentialsをご覧ください。

  • パワフルなルックデベロップメント&ライティングツール
  • インタラクティブなアーティストセッションライセンス
  • 永久ライセンス(初年度メンテナンス付き)
  • 3Delightインタラクティブレンダリング付属(その他のレンダラーについては、別途ライセンスの購入が必要)
  • 大変お得な年間サブスクリプションもご用意しております。詳しくは当社販売代理店までご相談ください。
  • レンダーライセンス
  • コマンドライン セッションライセンス
  • 永久ライセンス(初年度メンテナンス付き)
  • バッチ、シェル、スクリプトモードでKatanaの実行が可能
  • レンダラープラグインを用いたコマンドラインレンダリングに必要
  • Katana + 3Delight バンドルライセンス
  • Katanaインタラクティブ永久ライセンス(初年度メンテナンス付き)
  • Katanaレンダーライセンス 3Delightほか、すべてのレンダラープラグインで使用が可能s
  • 付属の3Delightレンダーライセンスにより、Katanaから3Delightでのバッチレンダリングが可能

Katana + Mari: 究極のルックデベロップメントコンビネーション

Katanaの開発計画においては、ルックデベロップメントワークフローのあらゆる側面で効率化を実現するために、Foundryの3DテクスチャペインティングツールMariとの相互運用性が常に重視されています。

Mariは今日の複雑なクリエイティブ課題に対応するかたちで開発されており、付属のArnold Standard SurfaceVray3Delightレンダリングエンジン、RenderMan for Mariを使用して、最終的なレンダリングを確認しながらテクスチャをペイントすることができるため、Mari と Katana間のフィードバックループを削減し、ルックデベロップメントプロセスの円滑化を図ります。

Mariの製品ページへ

Katana ユーザー事例

FAQ

平均的なユーザーの場合、Katanaの習得にはどのくらいの時間がかかりますか。

Katanaのパイプラインでのみ作業を行うアーティストであれば最短で1日、ほとんどの場合1週間程度での習得が可能です。パイプラインを検討するスタッフや他の人に教える立場であれば、より時間を要します。

Katanaのチュートリアルはどこにありますか。

Katanaのチュートリアルについては、Katana Foundry Learn pageでご確認いただけます。

既存のパイプラインへの統合にどのくらいの時間がかかりますか。

ご使用パイプラインの状況やどの程度の変更を行うかによって異なります。1ヶ月で仕事ができる状態になる場合もあれば、数ヶ月かかる場合もあります。個別の詳細についてはFoundryにお問い合わせください。

自社と同じ規模のスタジオにおけるKatanaの活用事例はありますか。

Katanaはあらゆる規模のスタジオで活用され、成果を上げています。Insights Hubでは、多種多様なパイプラインにおけるKatanaの様々な活用事例をご紹介しています。Katanaがルックデベロップメント/ライティングワークフローにもたらすメリットをご確認いただけます。

Katanaの導入を検討しているスタジオやアーティスト向けのトレーニングや学習リソースはありますか。

Katana の学習リソースにはFoundryが様々な形で常に提供し続けているリソースのほか、フリーのアーティストや学校によって提供されているものもあります。またKatanaのすべての機能を30日間無制限でご試用いただける無償体験版(試用期間終了時にお申し出いただくことで、最長60日の延長が可能)もご用意しておりますので、自宅学習にご活用ください。

1GUIにつきレンダーライセンスは何ライセンス必要ですか。

個々の状況によりますが、通常はインタラクティブライセンス1つにつき10〜20、ほとんどの場合5本以上のレンダーライセンスが使用されています。Katana 4.0のForesightワークフローではレンダーライセンスを使用することで、アーティストがよりインタラクティブに作業を進めることができます。

Katanaのライセンスにはどのような種類がありますか。

ライセンスの種類、ご購入に関する詳細についてはLicensing FAQsをご確認ください。

Katanaを体験する

 

既存パイプラインへの統合を検討したい。

デモを依頼

30日間無償トライアルでKatanaのクリエイティブな機能を試す。

無償体験版をダウンロード